神奈川県で薬剤師が求人探しをする五つの魅力

薬剤師として働きたいと考えて就職先や転職先を探しているときに、神奈川県にはどんな魅力があるのかと疑問に思う人もいるでしょう。

地域によって薬剤師の待遇や求人の傾向などにも大きな違いがあるのは確かです。神奈川県で求人探しをするのにはどんな魅力があるのでしょうか。代表的な五つの魅力を確認しておきましょう。

求人が豊富で選べる立場になれる

神奈川県全域で薬剤師が仕事を探そうとすると求人が豊富なのがまず挙げられる魅力です。薬剤師は給与水準は一般の職種に比べて高めなのは確かですが、資格を持っているからにはできるだけ稼げる現場で働きたいと考える人も多いでしょう。

また、職場の雰囲気や同僚との仲などを重視して働く場所を選びたいと希望する人も大勢います。求人の数があまりにも少ないと選ぶことはできませんが、神奈川であればその心配はありません。横浜などの中心都市を代表として郊外まで薬剤師の求人が豊富にあり、好みのものを選ぶことができるからです。

どの地域でも人材不足が問題になっている状況があるため、神奈川では薬剤師は基本的に売り手市場です。薬剤師として現場経験を積んでいる人なら喜んで受け入れてもらえるでしょう。また、経験がない人でも資格を持っていて薬剤師として働けるなら歓迎したいというスタンスの職場もたくさんあります。

キャリアによらずに候補にできる職場がたくさんあるので、魅力的なところを見つけて働くことができると期待できるのが神奈川の魅力です。

ワークライフバランスを重視できる

薬剤師が神奈川県で求人を探すとワークライフバランスを重視して働きやすいところを見つけられるのも魅力です。

ワークライフバランスを充実させるという考え方は働き方改革でも重視されている点ですが、仕事が忙しくて私生活をないがしろにしなければならない職場も世の中にはあります。神奈川県では薬剤師の不足の影響もあり、できるだけ働きやすい職場環境を整える傾向が強まっています。

その観点で競争を繰り広げて薬剤師の人材獲得をしようとしているため、ワークライフバランスを整えやすい待遇がある求人が目立つのが現状です。完全週休二日制で日曜日は休み、平日から土曜にかけても休みの曜日を固定できる待遇が多くなっています。

残業時間も短くなっている傾向が強く、長時間の残業がないのが一般的です。病院では夜勤なしの待遇で働ける、ドラッグストアではシフト制であっても勤務時間帯をある程度絞り込める待遇になっていることがよくあります。

他にも福利厚生として託児施設を利用できるなど、育児との両立をサポートする体制を整えている職場が増えてきているのが実態です。仕事に力を注ぎつつ、家庭生活も充実させて両方を満喫できるようにしたい人には魅力的な待遇の職場が見つかりやすいでしょう。

高度医療に携わることも可能

医療従事者として薬剤師は重要な役割を担っていて、医薬品のプロフェッショナルとして認識されています。薬剤師として働くからには高度医療に携わっていき、治療が困難な病気と闘っている患者に寄り添って働いていきたいという人もいるでしょう。

神奈川には高度医療を担っている総合病院も専門病院もあり、薬物療法に力を入れているところもあります。本気で医療に貢献していきたいと考えている薬剤師も活躍できる職場を見つけられる可能性が十分にあるのです。また、最新の医療について学びながら働いていきたい、学術的にも意味のある研究を臨床現場で行っていきたいという人もいるでしょう。

大学病院だけでなく大きな病院では臨床研究も活発に行われています。薬学会なども東京首都圏ではよく開かれているため、その研究成果を他の病院や大学などの研究機関と共有し、より良い医療を提供するための方策を考える機会もあります。

このような学術界のイベントに参加するのを推奨あるいは支援している病院も少なくありません。これからの医療を作り上げていきたい人にとっても魅力的な職場からの求人が見つかるでしょう。

調剤以外の業務でも活躍できる可能性がある

薬剤師としての力を発揮して働きたいけれど調剤は自分には向かないと考える人もいます。確かに調剤業務や服薬指導は適性の有無が大きく分かれるもので、薬剤師になったは良いもののこのような業務ばかりでは嫌だと思う人も少なくないでしょう。

その際にも神奈川では活躍できる職場を見つけられる可能性が十分にあるのが魅力です。例えば製薬企業や医療機器メーカーで働くという選択肢があります。神奈川にはどちらも存在していて、MRや研究職などをよく募集しています。

医薬品のプロフェッショナルとして実力を発揮することができる道なので検討してみると良いでしょう。臨床現場にこだわりたい場合にも臨床開発モニターや治験コーディネーターなどといった職種を選ぶことが可能です。メディカルリエゾンも薬剤師を求めていることがよくあるので検討してみましょう。

キャリアチェンジできる職場を選べる

神奈川では薬剤師がキャリアチェンジをしやすいのも魅力です。人材不足の影響で未経験者でも採用しているところが多いのも事実ですが、違う種類の職場で働いてきた経験を重視してくれる職場も多くなっています。病院で働いて臨床現場で医師や看護師が何を考えているのかをよく理解している薬剤師を雇いたいという調剤薬局も少なくありません。

疑義照会などをするときに適切な対応ができるのでとても重宝されているのが一般的です。臨床現場で実務に携わってきた経験があると医療に関わる現場なら比較的移りやすいと考えることができるでしょう。また、調剤経験は色々な職場で活かすことができるため求人の要望条件としてもよく挙げられています。

病院から調剤薬局、調剤薬局から病院というキャリアチェンジはよくあるパターンでしょう。神奈川では調剤併設型のドラッグストアからの求人も多く、病院や調剤薬局で経験を積んできた人が高い待遇で受け入れられています。

神奈川には薬剤師にとって魅力が多い

神奈川では薬剤師が求人を探す魅力がたくさんあるので薬剤師が仕事を探す地域として適しています。求人が豊富にあってワークライフバランスやキャリアチェンジなどの要望に応えられるものが見つかりやすいのが特徴です。

仕事の内容にもこだわることができるので、やりたい仕事に従事できる職場を見つけやすくなっています。